タトゥー除去の効果的な方法とは一体どんな方法?

色々な思いがあったり、おしゃれ感覚から近年日本国内でもタトゥーを入れる方は多くなってきています。
しかし、それとともに入れた後にやっぱり入れなければ良かったと思うような場面に多く出会うようになり、
タトゥーは消してしまおうと決意する方も多くいると思います。

さて、タトゥー除去についてはいくつか方法があります。
まずは、レーザーという方法について説明しましょう。
タトゥーに直接レーザーを当てることによって、色素を破壊して徐々に薄くさせるという施術方法です。
単色や小さいサイズのタトゥー除去におすすめで、跡が残りにくく皮膚への負担が少ないというのがメリットです。
しかし、広範囲などの大きいサイズのタトゥーや、何色も使用しているタトゥーの場合は目立たなくするということが難しい場合もあります。

次に、切除という方法についてです。
タトゥーが入っている部分の皮膚を切除して、周りの皮膚を縫い合わせる方法です。
切除することのメリットとしては、タトゥー部分を完全に除去できることです。
しかし、必ず傷跡が残ってしまうので、傷跡が目立たなくなるような上手な医師を選ぶことが重要になります。

次に、剥削という方法についてです。
剥削とは、皮下にある色素部分のみ取り除く方法で、皮膚の負担を少なくできる方法です。
広範囲に及んでいるタトゥーも、皮下の組織だけを削り取るので、皮膚移植が少なくて済むというのがメリットです。
しかし、術後ケロイドになりやすいです。

最後に植皮という方法です。
タトゥーの部分の皮膚を取り除いて、自分の皮膚を移植する方法です。
大きいタトゥーなどにはこの方法が効果的ですが、費用が高かったり、医師によって技術に差が出てきてしまいます。

このように除去方法は様々ありますので、
自分のタトゥーに合った除去方法を見つけましょう。